Tram party in Arashiyama 21 June 2014

To create special bond between Japanese and foreigners. This is the reason why I hold randen tram party. I know there are many foreigners who want to be friends with Japanese. I also know there are many Japanese who want to be friends with foreigners. I’ d like to be bridge between them.

Finally we invited 48 guests. I really want to express my appreciation to all of guests. Let me explain about the detail of this party.

嵐電1

1, Tram party

The capacity of tram is 40 seats if you get tight in seat with each other.  Buffet style. All you can drink and eat.

嵐電2

2, Night walking in bamboo forest.

As you know, arashiyama is one of the best places in Kyoto. That’s why there are so many people at daytime. But nobody is there at nighttime. Almost all shops would close until 8pm. If you want to feel relax in Arashiyama, nighttime is better than daytime. Be careful in bamboo forest, because of darkness and no light. It will give you good effect with your girlfriend. Your relationship must be closed with each other.

集合写真

The best thing in this party is the guest’s opinion. “ I’d like to join again” “ It was really fun!” I really want to continue holding that kind of event. Please join us next time!

 

「日本人と仲良くなりたい外国人、外国人と仲良くなりたい日本人、でも何処に行けばいいかわからない。」双方ともに仲良くなりたいと思っているのに、その機会が少ないことを非常に残念でもったいなく感じ、今回の企画に至りました。電車でお酒を飲みながらワイワイするという特異な空間を演出することで双方の絆が深まる事間違いなし! そう期待しておりました。ご参加いただいた皆様の笑顔を見た時、きっと楽しんで新しい絆も生まれたことだと思いました。

 

その後は夜の竹林散歩へ。昼間の人の多さとは全く異なり、実は夜の嵐山は人がほとんどいません。夜の竹林は真っ暗で肝試しとかには最適です。男女間の距離もグッと縮まり、今回の企画でカップルが出来たとか出来てないとか。そんな楽しみもある夜の竹林です。

渡月橋も幻想的ライトに照らされ、非常に良い雰囲気です。ただ、イチャイチャしているカップルの横でワイワイするのは少し申し訳ない気がしました。

 

何よりも嬉しかったのは、「また来たい」「今回は行けなかったので、ぜひまた企画して欲しい」という声を多数頂いたことです。企画者として楽しんでもらえるか、とても不安でしたが、杞憂に終わり良かったです。

 

今後も「日本人と外国人の絆やつながりが強まる」そんな交流会を企画していきたいと考えております。次回はどんな方にお会いできるのか今から楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>